トラックドライバーのメリット・デメリット

長距離ドライバーなら様々な土地に行ける

トラックドライバーは荷物の配送のために様々な土地を訪れます。特に長距離ドライバーは北海道から沖縄まで、何処でも配送を行う可能性があります。休憩を挟みながら荷物を運ぶことになるため、その土地の文化や名産品に触れられるというメリットが得られます。旅行気分で仕事を行えるため、旅行好きに適した職業だと言えます。自分の資金を使わず、給料を受け取れて旅行気分を味わえると考えれば、魅力的な職業でしょう。

トラックドライバーになると、混雑に巻き込まれない配送ルートを教えてもらえます。その配送ルートでも混雑に巻き込まれた場合は、別のルートを自分で探すことになります。そのためトラックドライバーは地理に詳しくなるというメリットがあります。

長時間労働を強いられる可能性がある

トラックドライバーは繁忙期に長時間労働を強いられる可能性があります。配送しなければならないものが多いので、朝から深夜までトラックに乗って運搬作業を行うことになるでしょう。悪徳な企業でない限り休憩時間を設けてくれますが、それでも身体的な疲労が溜まりやすいので仕事終わりに身体のケアを行うのが重要になります。この長時間労働で重要なポイントは睡眠です。睡眠時間が短いと交通事故を起こしてしまう危険性が高まるので、十分な睡眠を取るようにしましょう。

このトラックドライバーの長時間労働は若い人でも身体的な疲労が溜まりやすいですが、高齢になると疲労の溜まりやすさが上がります。高齢になると1日や2日程度では疲労が抜けなくなるので、疲労回復のグッズをトラックに積んでおくのが良いと言えます。

従来の運送業の求人は紙媒体のメディアが主流でしたが、最近ではインターネットの活用が増えています。紙媒体は情報量が限定されますが、webサイトやSNSでは全国への発信が容易で多くの情報を載せることができます。