タクシードライバーのメリット・デメリット

自分のペースで仕事に取り組めるのがメリット

タクシードライバーのメリットは仕事が自由に行えるところにあります。例えば休憩時間は自分の都合で決めることが可能です。体調が良くない場合は、多めに休憩を取ることもできるため、持病を持っている人でも働きやすい環境だと言えます。休憩時間が自由に決められるため、食事やトイレで困ってしまうケースは少ないでしょう。

タクシードライバーは昼勤、夜勤、隔日勤務といった様々な働き方を自分で決めることができます。自分のライフスタイルに合った働き方を選択できるのは、タクシードライバーの魅力的なポイントだと言えます。特に隔日勤務は1日の仕事を終えたら次の日は休みになるため、体力に自信のない人でも体調を崩すことなく働けるでしょう。

トラブルに巻き込まれる可能性が高い

タクシードライバーには、トラブルに巻き込まれる可能性が高いというデメリットがあります。例えば乗客とのトラブルが発生するケースがあるでしょう。特に酔っ払いの客や性格の悪い客は理不尽なクレームを言ってくる可能性が高く、事件に発展する可能性も考えられます。このようなトラブルを想定して、ドライブレコーダーを取り付けておくのが重要になります。

また交通事故のリスクもあります。1日中仕事を行っていると集中力が切れてしまい、事故を引き起こしてしまうリスクが高くなります。事故を引き起こしてしまうと乗客にも迷惑がかかるため、定期的に休憩を取ることが求められます。タクシードライバーは長時間座りっぱなしで作業を行うことになるので、腰を痛めるリスクもあります。仕事終わりにマッサージを受けることで、腰痛のリスクを下げられるでしょう。

ドライバーの転職をする時に考えた方がいい事は、待遇面です。労働時間と給料のバランスを確認してから、転職した方が安心です。